06-4256-3298
営業時間:10:00~18:00

任意売却の流れ Voluntary sale flow

何らかの事情で住宅ローンを滞納した期間が長期間となった場合、
一般的には競売にかけられてしまいますが、住宅ローンが残っている状態で金融機関の合意を得て、
物件を売却することも可能です。この方法を「任意売却」といいます。

一般売却との違いは?

「任意売却」は住宅ローンの返済が滞ってしまったため、仕方がなく住宅を売却することで、
金融機関の同意を得て売却しますが、「一般売却」は「住宅ローンを完済している」
もしくは「完済できる資金が用意できる」ため、金融機関からの同意は必要ありません。

任意売却のメリット

1.競売より高く売れる可能性がある

最大のメリットは、市場価格に近い価格で売却できるため、競売よりも高く売却できる可能性があります。

2.近隣に競売状況などが知られない

競売とは違い任意売却は、一般売却と同じように販売されるため、誰が見ても任意売却とは分かりません。

3.売却後も住める可能性がある

不動産投資家などに購入してもらい家賃を支払えば、そのまま住み続けられます。

任意売却の流れ

よくある質問

ここまでで、任意売却の概要は理解できたと思います。
ここでは、任意売却についてよくある質問を紹介します。

Q. 費用の持ち出しはありますか?

一般売却は、仲介手数料・登記費用などの費用として必要です。
しかし、「任意売却」は、自宅を売却した費用から諸費用を捻出することが認められているため、費用の持ち出しなく売却できます。

Q. 引越し費用の交渉はできますか?

任意売却の場合は、状況や交渉次第で、売却代金から引越し代を捻出できる場合があります。

Q. 残債返済はどのようになりますか?

「任意売却」後も残債を返済する必要があります。現在の収支などから返済計画の見直しを行います。
任意売却は競売の時より、市場に近い価格で売却できる可能性があるため、住宅ローンの残債が減少するケースが多くみられます。

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料

任意売却歴20年のプロが相談に対応します。

  • ご相談無料
  • 秘密厳守
  • 土日祝も事前予約にてご相談可
06-4256-3298
営業時間:10:00~18:00(土日祝休み)
トップ