06-4256-3298
営業時間:10:00~18:00

空き家・老朽化アパート問題 Unoccupied house

このような問題が増えています

突然または以前から
相続した空き家
状態
の不動産

老朽化の為倒壊しそうな
空き家アパート

古く空室だらけの
アパートで税金
維持費だけがかかる

今問題になっている空き家問題

少子高齢化に伴い年々増え続ける空き家、貸そうにもいろいろと費用が掛かるからと放置している場合がほとんどです。ですが、そのまま放置しますと危険なリスクの恐れがあります。

空き家を放置するデメリット

建物の老朽化に伴い
倒壊草木などの
トラブル

空室の防犯、火事、
自然発火
などの問題

建物崩壊賠償責任
その他損害賠償

空き家対策に関する特別措置法により
市町村から指導、勧告、命令を受け特定空き家になりますと固定資産税の特例対象から除外され、現在お支払いの税額から最大で6倍まで増額されます。また市町村からの行政代執行が可能になり費用の負担を徴収されます。

このようなお悩みはございませんか

  1. 古い空き家を相続して処分がしたいけど
  2. ほったらかしの空き家があり処分したい
  3. 空室が多い古いアパートを処分したい
  4. 賃家、アパートを処分したいが入居者と話ができない

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料

不動産土地活用のプロが協力士業と連携してお悩みを解決

  • ご相談無料
  • 秘密厳守
  • 土日祝も事前予約にてご相談可
06-4256-3298
営業時間:10:00~18:00(土日祝休み)
トップ